自動車学校の卒業検定

自動車学校進路変更の大事さ

自動車学校の卒業検定で進路変更

自動車学校の卒業検定には進路変更があります。これは、自動車学校の場内で行い、ポールなどで作られたコの字状の空間に車を入れ、そのまま車が入ってきた方向に戻ります。車がコの字状の空間から出るまでが採点基準です。縦列駐車とセットで講習を受けますが、検定ではどちらか一つだけをやります。講習では、どの程度まで下がるか、ハンドルを切るか、また、寄せすぎたときの対処法などを学びます。これらの知識を使って落ち着いて望みましょう。縦列駐車とは異なり、やり直しがなかなかきかないところやポールに当たる可能性が上がることが難点です。

卒業検定をみんなでパスしよう

自動車学校の卒業検定をパスするにはポイントがあります。基本的には今まで自動車学校の教習で学んだ事をすればいいのです。しかし注意しておくべき事があります。卒業検定にはいくつかコースがあります。検定直前に試験官から言われるのでしっかりと頭に入れておく必要があります。コースから外れてもそれ自体で不合格にはなりませんが、目的地に到着しなかったら不合格になります。そのため教習官から示されたコースは頭に入れておく必要があります。MTのみですが、エンストを起こした場合も検定に合格しないので、エンストにも注意が必要です。

自動車学校卒業検定の情報

↑PAGE TOP