自動車学校で駐車とは

自動車学校卒業検定は駐車が必須

自動車学校の卒業検定で駐車

自動車学校の卒業検定では、指定されたコースによっては駐車措置が採点に入ります。この措置は主に縦列駐車です。実際に車がおいてあるわけではなく、ポールなどで車1台分のスペースが作られ、その間に車を入れます。技能講習では、自動車学校の場内で練習する機会が1コマ分設けられています。そこでは、どこまで下がるべきか、どこまでハンドルを切るべきかを感覚で学ぶので、その感覚を忘れないように挑みましょう。措置が終わったら、教官に「入りました」と声をかけます。すると教官が車の外へ出て入っているかを確認します。そこで入っていなくてもそこからどうすればいいのかを考えることができるので、落ちたと思わずにしっかり措置しましょう。

卒業検定を合格しよう

自動車学校を卒業するには規定の卒業検定に合格しなければなりません。そのためには公安委員会が定めた基準をクリアする必要があります。ほとんどの場合教習で習う事を行えば良いです。あえて注意点をあげるとするならば検定のコースをしっかりと覚えておく事があげられます。コースは直前に試験官から告げられます。ほとんど場合教習コースと同じですが、自動車学校によっては、教習コースと違う時もあるので、すぐに頭に叩き込む必要があります。まれに迂回が必要となる場合もあるので、迂回路も試験官によく確認しておく事も必要になります。

自動車学校卒業検定の情報

↑PAGE TOP