自動車学校の必須試験

自動車学校で安全確認必須

自動車学校の卒業検定、安全確認

免許取得の最後の関門とも言えるのが、卒業検定です。検定に合格すれば、自動車学校を卒業できます。その後、地元の筆記試験に合格すれば、免許を手にすることができるのです。さて、この検定では路上を安全な速度で正しい走り方をすることが重要なのですが、残念ながら不合格になってしまう方も多数いらっしゃいます。不合格の方がしてしまう禁止事項の中で、最も多いのが、一時不停止など安全確認を見落としてしまうことです。これを怠ってしまうと、その時点で試験が失格になってしまうので気をつけましょう。確認を忘れないようにするためには、自動車学校の練習中、発車前に、左右前後の安全確認をする癖をつけなければなりません。あとは落ち着いて、緊張せず運転できれば卒業検定を合格できるでしょう。

卒業検定では交通法規は絶対です

自動車学校の卒業検定をパスするにはポイントがあります。道を覚えておく事やエンストをしない事はもちろんですが、1番大切な交通法規をきちんと頭に入れて運転する事が1番大切なことになります。自動車学校は安全運転するドライバーを要請する施設なので、安全運転するかしないかが1番のポイントとしています。万が一卒業検定の際に速度違反などをしそうになったら検定をパスするどころか、仮免許の返納を命じられる場合もあります。そのため交通法規は絶対に守ることが、自動車に関する学校の検定をパスするための1番大切な条件となります。

自動車学校卒業検定の情報

新着情報

↑PAGE TOP